スタートレック エンタープライズ DVD コンプリート  (アルファ宇宙域)

スタートレック エンタープライズ DVD ビデオ ゲーム ソフト 玩具 格安 食玩 コンプリート
VIDEO GAME

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.05.09 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.09.17 Wednesday

スタートレック エピソード 




TOS 「宇宙大作戦}


1966年9月8日に「宇宙大作戦/スタートレック」第1話が初放送された。


ナレーション

宇宙、それは最後の開拓地である。

そこには人類の想像を絶する新しい文明、

新しい生命が待ち受けているに違いない。

これは人類初の試みとして、5年間の調査飛行に飛び立った、

宇宙船USSエンタープライズ号の

驚異に満ちた物語である。



予告編と説明

タイトルをクリッックするとパラマウントのページから、
Quick Time(クイック タイム) で60秒の予告が見られます。
ダウンロードには多少時間がかかります。

第1シーズン -Season One-

   1 「光るめだま」 Where No Man Has Gone Before

Where No Man Has Gone Before | 宇宙暦:1312.4

エンタープライズは銀河の果てでフォース・フィールドにぶつかった。その結果クルーの一人が超能力に目覚めて、神のようなレベルにまで進化し、強力で危険な存在になってしまう。




   2 「謎の球体」 The Corbomite Maneuver

The Corbomite Maneuver | 宇宙暦:1512.2

異星人の巨大宇宙船の不気味な船長から攻撃を宣告されたカークは、「エンタープライズには双方の船を破壊できるほどの強力な爆発物が積まれている」と主張する。しかしその結果、相手は思わぬ行動に出た。




   3 「惑星M113の吸血獣」 The Man Trap

The Man Trap | 宇宙暦:1513.1

エンタープライズが遠方の考古学調査グループに物資を届けた際、ボーンズことドクター・レナード・マッコイは昔の恋人に再会した。マッコイの目には今も魅力的な彼女だったが、その姿には恐るべき秘密が隠されていた。


   4 「コンピュータ人間」 What are Little Girls Made of?

What Are Little Girls Made Of? | 宇宙暦:2712.4

エンタープライズは、チャペルの婚約者であった人物の捜索を行っていた。そして、その孤立したコービー博士が重要人物のアンドロイドを作る計画を進めていることを知った。博士はカークを実験台にしようとする。



   5 「魔の宇宙病」 The Naked Time

The Naked Time | 宇宙暦:1704.2

未知のウイルスで理性を失ったクルーたちは抑えていた感情をぶつけ合い、船内は混乱状態に陥る。そしてエンタープライズは惑星の重力によって墜落の危機に直面する。


   6 「宇宙基地SOS」 Balance of Terror

Balance of Terror | 宇宙暦:1709.2

かつてロミュランとの戦争があったにもかかわらず、ロミュラン人が地球人の前に姿を見せることはなかった。しかしエンタープライズがロミュランの戦艦を追跡するうちに、ある上級士官への疑惑が浮上した。


   7 「二人のカーク」 The Enemy Within

The Enemy Within | 宇宙暦:1672.1

転送機の誤動作でカーク船長は善と悪の2つの人格に二分されてしまう。しかし片方の人格だけではカークは死んでしまうだ。


   8 「セイサス星から来た少年」 Charlie X 

Charlie X | 宇宙暦:1533.6

赤ん坊の頃から肉体のない異星人に育てられた少年、チャールズ・エバンスがエンタープライズに乗船してきた。しかし少年は自分の強大な精神パワーをうまく扱えない。


   9 「400才の少女」 Miri

Miri | 宇宙暦:2713.5

人工的に老化を遅らせた子供たちの住む惑星で、カークたち上陸班は大人を壊滅させた恐ろしいウイルスに感染してしまう。子供たちから激しい攻撃を受けながらも、カークたちは彼らを救おうとする。




   10 「ゴリラの惑星」 The Galileo Seven

The Galileo Seven | 宇宙暦:2821.5

7名のクルーを乗せたシャトルのガリレオ号が、どう猛な巨大生物の住む惑星に不時着した。しかし一行は、エンタープライズと交信することも、惑星から脱出することもできない。




   11 「殺人鬼コドス」 The Conscience of the King

The Conscience of the King | 宇宙暦:2817.6

“死刑執行人コドス”の大虐殺事件の目撃者から連絡を受けたカークは、その殺人鬼が旅芸人になりすましていると確信する。




   12 「怪獣ゴーンとの決闘」 Arena

Arena | 宇宙暦:3045.6

エンタープライズと異星人の船がある強力な生命体に捕らえられた。そして双方の船長が自らとクルーたちの命を懸けて小惑星の上で決闘することになる。



   13 「恐怖のビーナス」 Mudd's Women

Mudd’s Women | 宇宙暦:1329.1

エンタープライズは小惑星帯で船を救出した。そこに乗っていたのは非凡なペテン師ハリー・マッドと、結婚相手を求めている3人の美女だった。


   14 「宇宙歴元年7.21」 Tomorrow is Yesterday

Tomorrow is Yesterday | 宇宙暦:3113.2

エンタープライズは20世紀の地球にタイムスリップしてしまった。カークは、破壊された戦闘機からパイロットを救出し、何とか地球の歴史を変えることなく彼を送り届けようとする。




   15 「宇宙の帝王」 Space Seed

Space Seed | 宇宙暦:3141.9

エンタープライズは、20世紀の“冬眠船”SSボタニー・ベイを発見した。そこには優生学的に作られた“スーパーマン”が眠っていた。冬眠者の一人はかつて地球の一部を支配していた男、カーンだった。




   16 「宇宙軍法会議」 Court Martial

Court-Martial | 宇宙暦:2947.3

カークは同僚に対する過失致死の罪を問われ、宇宙基地M11で軍法会議にかけられた。被害者の家族や昔の恋人に責められ、カークのキャリアは危機にさらされる。


   17 「悪魔島から来た狂人」 Dagger of the Mind

Dagger of the Mind | 宇宙暦:2715.1

タンタラス刑務植民星から狂人がエンタープライズに侵入した。だが彼は囚人ではなく、その星の精神科医だった。調査のため施設に向かったカークは恐るべきマインド・コントロールの実態を知る。




   18 「二つの宇宙」 The Alternative Factor

The Alternative Factor | 宇宙暦:3087.6

宇宙空間に突如起こった衝撃を調査していたエンタープライズは、ラザラスという男に出会った。彼はまったく異なる2つの人格を持っていた。



   19 「コンピュータ戦争」 A Taste of Armageddon

A Taste of Armageddon | 宇宙暦:3192.1

エミニア7号星はベンディカー星と長年の交戦状態にあった。その戦いはコンピュータが犠牲者を決定するというコンピュータ戦争だった。ところが、エンタープライズのクルーも犠牲者に選ばれてしまう。




   20 「地底怪獣ホルタ」 The Devil in the Dark

The Devil in the Dark | 宇宙暦:3196.1

ジェナス6号星で鉱山の作業者たちを殺し、機材を壊した謎の怪物を調査していたカークとスポックは、岩石状の生物を発見した。スポックはその生物と精神融合を行う。



   21 「死の楽園」 This Side of Paradise

This Side of Paradise | 宇宙暦:3417.3

死の光線が照射される惑星に何年も生存している開拓者たちがいた。彼らは植物の胞子のおかげで生き延びていたのだ。しかしその胞子はエンタープライズのクルーたちにもっと別の悪影響を及ぼした。




   22 「ゴトス星の怪人」 The Squire of Gothos

The Squire of Gothos | 宇宙暦:2124.5

何もない宇宙空間に発見した未知の惑星で、カークたちはトリレーンというイタズラ好きの異星人にもてあそばれる。トリレーンは自分の超能力を抑えることができない。


   23 「危険な過去への旅」 The City on the Edge of Forever

The City on the Edge of Forever | 宇宙暦:3134.0

誤って薬を大量に注射してしまったマッコイは情緒不安定になって、時の門に飛び込んでしまった。それは地球の歴史の流れに重大な影響を与える可能性がある。それを防ぐために、カークとスポックも後を追って1930年代の地球に向かった。



   24 「ベータ・スリーの独裁者」 The Return of the Archons

The Return of the Archons | 宇宙暦:3156.2

ベータ・スリーに上陸したクルーたちが奇妙な行動を示した。その星の住人はとても落ち着いて上品だが、“祭り”の時間が来ると一変することに、カークたちは気づいた。



   25 「タロス星の幻怪人(前編)」 The Menager,Part I

The Menagerie, Part I | 宇宙暦:3012.4

宇宙基地M11でカーク、スポック、マッコイの3人は、肉体が麻痺し、無惨に変わり果てた前エンタープライズ船長のクリストファー・パイクに出会う。するとスポックは、まるで人が変わったようにエンタープライズを乗っ取って、軍法会議にかけられてしまう。


   26 「タロス星の幻怪人(後編)」 The Menager,Part II

The Menagerie, Part II | 宇宙暦:3013.1

スポックの軍法会議で、パイク船長の過去が明かされる。彼はかつてタロス4号星を訪れた際、強いパワーを持つタロス人たちに、星に残ってある女と子孫を残すよう強要されていた。




   27 「おかしなおかしな遊園惑星」 Shore Leave

Shore Leave | 宇宙暦:3025.3

上陸中の惑星で、マッコイが「不思議の国のアリス」の白ウサギを目撃した。その星にはあらゆる思考を現実に変えてしまう恐るべき力が存在していることが明らかになっていく。




   28 「デネバ星の怪奇生物」 Operation-Annihilate

Operation-Annihilate! | 宇宙暦:3287.2

デネバ星で起こった集団的な精神錯乱を解明し、住民を守ろうと努力していたマッコイだったが、そのためにスポックが失明してしまう。



   29 「クリンゴン帝国の侵略」 Errand of Marcy

Errand of Mercy | 宇宙暦:3198.4

クリンゴン帝国と連邦との板ばさみで危険にさらされたオルガニア星の住民を守るために、カークとスポックは仲介を試みるが、驚いたことにオルガニア人たちには危機感がまったくなかった。




   



第2シーズン -Season Two-

   30 「パイラスセブンの怪」 Catspaw

Catspaw | 宇宙暦:3018.2

遠く離れた銀河からやって来た異星人がエンタープライズのクルーたちを恐怖の世界に迷い込ませた。クルーの一人は殺され、スコットとスールーは廃人にされてしまう。カークは上陸班と船がワナにかかったことに気づく。



   31 「華麗なる変身」 Metamorphosis

Metamorphosis | 宇宙暦:Unknown

カークたちは、サキュロ病の末期症状で倒れた外交官のナンシー・ヘッドフォードを治療するため船に搬送していた。しかしその途中、シャトルは強い力で方向転換をさせられ、行き着いた先で彼らはワープ航法の開発者、ゼフレム・コクレーンと出会う。




   32 「宿敵クリンゴンの出現」 Friday's Child

Friday's Child | 宇宙暦:3497.2

カークは伝統を重んじるカペラ人と鉱山の採掘権を交渉していた。しかしクリンゴンの使者が、リーダーを殺して権力を奪うようカペラ人の戦士たちをそそのかしたことで混乱が起こる。カークは殺された指導者の妻と、彼女のおなかにいる子供を守ろうと決意する。




   33 「神との対決」 Who Mourns for Adonais?

Who Mourns for Adonais? | 宇宙暦:3468.1

フォルクス4号星の不思議な力に導かれて、カークたちはギリシャ神話の神、アポロに遭遇した。アポロは彼らを強制的にこの星に永住させようとする。しかし、カークにはある考えがあった。




   34 「バルカン星人の秘密」 Amok Time

Amok Time | 宇宙暦:3372.7

スポックは、すべてのバルカン人に7年ごとにやってくるという激しい生殖期を迎えた。直ちにバルカン星へ帰らなければ命の危険もある。カークはスポックのために司令部の命令を無視して彼をバルカン星へと連れて行くが、2人はそこで殺し合いの決闘をすることになってしまう。


   35 「宇宙の巨大怪獣」 The Doomsday Machine

The Doomsday Machine | 宇宙暦:4202.9

デッカー准将は、銀河を脅かす巨大な惑星破壊マシンに遭遇し、破壊されて動かなくなった宇宙船の中で、ただ一人生き残っていた。錯乱状態に陥った彼は、カークに対し上官の権力を行使して、エンタープライズを危険なマシンの元へと向かわせる。




   36 「惑星アルギリスの殺人鬼」 Wolf in the Fold

Wolf In The Fold | 宇宙暦:3614.9

女性クルーに負わされた頭のケガが快復したスコッティは、惑星アルギリスのキャバレーへ行き、女性ダンサーと共に店を後にした。しかしその直後、ダンサーが無惨に殺され、現場には血の付いたナイフを手にしたスコッティが発見された。




   37 「超小型宇宙船ノーマッドの謎」 The Changeling

The Changeling | 宇宙暦:3451.9

複数の惑星を破壊した凶暴なマシン、ノーマッドは、カークを自らの創造者と信じ込んで、エンタープライズは破壊しなかった。しかしクルーに危害を加え始めたために、カークはノーマッドを止める方法を見つけなければならない。




   38 「死のパラダイス」 The Apple

The Apple | 宇宙暦:3715.3

ガンマ・トライアングリ6号星は不死の若者たちが住む、平和な楽園だった。しかしそこでカークたち上陸班は住人に殺されそうになる。疑惑を解明すべく調査を進めた一行は作り物の“神”を発見する。




   39 「惑星オリオンの侵略」 Journey to Babel

Journey to Babel | 宇宙暦:3842.3

エンタープライズはさまざまな種族の外交官たちを乗せ、バーベルでの代表者会議に向かっていた。しかしテラライト人の大使が殺され、その容疑がバルカン大使であるスポックの疎遠の父親にかけられてしまう。



   40 「イオン嵐の恐怖」 Mirror,Mirror

Mirror, Mirror | 宇宙暦:Unknown

転送事故でカーク、スコット、マッコイ、ウフーラは、暴力と暗殺によって支配されている残忍な平行宇宙の世界に迷い込み、その世界の自分たちと入れ替わってしまった。果たして彼らは無事に元の世界へ戻ることはできるのか。




   41 「不思議の宇宙アリス」 I,Mudd

I, Mudd | 宇宙暦:4513.3

未知の惑星でハリー・マッドが数百体の美女アンドロイドに囲まれて暮らしていた。アンドロイドたちは皆、人間に奉仕するために存在していたのだ。しかし過保護なアンドロイドたちはマッドを解放しないため、彼はエンタープライズをおびき寄せ、自分の代わりにカークたちをアンドロイドの主人にさせようと企んだ。




   42 「死の宇宙病」 The Deadly Yers

The Deadly Years | 宇宙暦:3478.2

ガンマ・ハイドラ4号星への資材補給の際、カークたち上陸班は若者が老衰で死んでいるのを発見する。そして船へ戻った上陸班も、一人を除く全員が急速な老化に襲われる。



   43 「新種クアドロトリティケール」 The Trouble with Tribbles

The Trouble with Tribbles | 宇宙暦:4523.3

穀物の警備を命じられて、イラだっていたカークだったが、トリブルのおかげで、クリンゴン人が陰謀を企てていたことを発見した。毛むくじゃらの小さな生物、トリブルには食べることと繁殖することしか能がなかったのだが。



   44 「もう一つの地球」 Bread and Circuses

Bread and Circuses | 宇宙暦:4040.7

6年間、行方不明になっていたUSSビーグル号が、古代ローマそっくりの惑星の付近で発見された。惑星の調査に当たったカークは、ビーグルの船長が帝国の市長であることを突き止める。



   45 「宇宙指令!首輪じめ」 The Gamesters of Triskelion

The Gamesters of Triskelion | 宇宙暦:3211.7

エンタープライズのブリッジから、転送で惑星トリスケリオンに連れ去られたカーク、ウフーラ、チェコフは、闘士としての訓練を強要される。カークは一か八かで全クルーの命を賭けて奴隷たちの解放のために戦うことを決意する。




   46 「復讐!ガス怪獣」 Obsession

Obsession | 宇宙暦:3619.2

かつてカークが遭遇した、人の赤血球を奪い取る怪物が再び現れた。カークは自らが犯した過去の失敗を埋め合わせるべく、これ以上の犠牲を出す前に怪物を完全に退治しようと決意する。




   47 「単細胞物体との激突」 The Immunity Syndrome

The Immunity Syndrome | 宇宙暦:4307.1

すべての通信が途絶えた星系に急行したエンタープライズは、巨大なアメーバ状の単細胞生物が星系内のすべての生命体を食い尽くしていたことを知る。




   48 「細菌戦争の果て」 The Omega Glory

The Omega Glory | 宇宙暦:Unknown

USSエクセター号のクルーが未知のウイルスに冒されて死んだことを知ったカークたちは、治療法を発見するべく病原菌のある惑星へと降り立った。そこで彼らは、私欲のために艦隊の誓いを破ったエクセターの船長に出会う。



   49 「宇宙犯罪シンジケート」 A Piece of the Action

A Piece of the Action | 宇宙暦:4598.0

マネのうまいイオタ人たちは地球の歴史書『1920年代のシカゴ・ギャング』を参考に、20世紀のシカゴのマフィアを模倣した社会を築いていた。カークはマフィアのボスを装って彼らに協力を要請する。




   50 「宇宙300年の旅」 By Any Other Name

By Any Other Name | 宇宙暦:4657.5

エンタープライズは、ニセの救難信号におびき寄せられ、5人のケルバ人たちに占拠されてしまった。彼らは故郷であるアンドロメダ銀河への300年の旅にエンタープライズを利用しようとしていた。



   51 「エコス・ナチスの恐怖」 Patterns of Force

Patterns of Force | 宇宙暦:2534.0

エコス星で文明の発展を見守っていた著名な歴史家のジョン・ギルが、艦隊の誓いを破り、エコス人たちにナチスの思想を教え込んだ。真相を探るべく、カークはナチスの軍人を装って調査に当たる。




   52 「恐怖のコンピュータM-5」 The Ultimate Computer

The Ultimate Computer | 宇宙暦:4729.4

天才科学者ディストロム博士が作り出したコンピュータ、M−5をテスト装備したエンタープライズは、コンピュータによってコントロールされ、戦闘演習で艦隊の船を無惨に破壊してしまう。




   53 「地底160キロのエネルギー」 Return to Tomorrow

Return to Tomorrow | 宇宙暦:4768.3

エンタープライズの上陸班は、不毛の惑星の地底深く掘られた洞窟の中で、肉体を捨てた、高度な知能を持つ3つのエネルギー体と遭遇した。彼らは一時的にカークたちの肉体を借りたいと申し出る。


   54 「宇宙からの使者Mr.セブン」 Assignment : Earth

Assignment: Earth | 宇宙暦:Unknown

任務で1968年の地球に戻ったエンタープライズに、地球の滅亡を防ぐため異星で訓練されたゲリー・セブンという男が転送されてくる。逃げたセブンを追って、カークとスポックはニューヨークへ向かった。



   



第3シーズン -Season Three-

   55 「危機一髪! OK牧場の決闘」 Spectre of the Gun

Spectre of the Gun | 宇宙暦:4385.3

メルコト人からは星に近づかないよう警告を受けたものの、カークは外交任務を遂行するためにメルコト星に上陸した。ところが侵入者と見なされ、カーク、スポック、マッコイ、スコッティ、チェコフの5人はOK牧場の銃撃戦のシミュレーションで、死ぬ運命のギャングたちを演じさせられる。

   56 「トロイアスの王女エラン」 Elaan of Troyius

Elaan of Troyius | 宇宙暦:4372.5

交戦状態にある2つの惑星にクリンゴンが介入したために、エンタープライズは秘密裏に王女エランをトロイアス星へ送り届けなければならない。彼女は2つの惑星の和平のために政略結婚をすることになっていた。その航行中に粗暴な王女の教育が行われるが、そこには悲惨な結末が待っていた。

   57 「小惑星衝突コース接近中」 The Paradise Syndrome

The Paradise Syndrome | 宇宙暦:4842.6

カークは、小惑星衝突の危機にさらされた惑星を調査中に、古代の技術の遺産を発見するが、それによって図らずも記憶を失ってしまう。カークは破滅する惑星の住民から歓迎されるが、エンタープライズは小惑星の進路を変えることができない。

   58 「透明宇宙船」 The Enterprise Incident

The Enterprise Incident | 宇宙暦:5027.3

いつになく緊迫してイラだったカーク船長がロミュランとの中立地帯に侵入するよう命令を下した。すぐに船は包囲されてしまう。ロミュラン船に移送されたカークは侵入の理由を聞かれてウソを答え、さらにはスポックに襲いかかるが、スポックはバルカンの“殺人グリップ”で対処する。ロミュランの女司令官はスポックに言い寄るが、実は秘密の計画が進んでいた。

   59 「悪魔の弟子達」 And the Children Shall Lead

And the Children Shall Lead | 宇宙暦:5029.5

トリアカス星のスターンズ科学植民地では、大人たちが全滅したにもかかわらず、子供たちはそれに無関心な様子で楽しそうに遊び回っていた。調査に当たったカークたちは、ある異星人が子供たちを卑劣な目的に利用しようとしていることを知る。

   60 「盗まれたスポックの頭脳」 Spock's Brain

Remastered Episode Preview (:30)

Spock's Brain | 宇宙暦:5431.4

エンタープライズに一人の美女が現れて、クルーたちを気絶させ、スポックの頭脳を奪っていった。その行方を追ったカークたちは、分裂した文明を持つ風変わりな星に降り立った。そこは大昔から高度な科学技術が支配してきた世界だった。

   61 「美と真実」 Is There in Truth No Beauty?

Is There in Truth No Beauty? | 宇宙暦:5630.7

エンタープライズには新航法の航行士、テレパスの学者、そして異星人の大使が乗船してきた。一目見ただけで人間を錯乱させてしまうという大使の姿を見てしまった航行士は錯乱状態となり、船を銀河の果てまで飛ばして帰還不能にさせてしまう。

   62 「恒星ミナラの生体実験」 The Empath

The Empath | 宇宙暦:5121.5

恒星の末期現象に襲われた惑星で、カーク、スポック、マッコイは地下の洞窟に入った。そこには癒しの能力を持つ、か弱い種族“ジェム”がいた。すると、バイアン人が現れて、彼らに致死的な恐ろしい拷問を始めた。

   63 「異次元空間に入ったカーク船長の危機」 The Tholian Web

The Tholian Web | 宇宙暦:5693.2

USSデファイアントへ救助に駆けつけたカークは、その船の乗員が全滅し、船は2つの次元を行き来していることを発見した。カークも異次元にとらわれてしまったために、エンタープライズはカークが戻ることを予期して、その場に待機していた。しかしそこへやって来たソリア船が、エンタープライズをワナで閉じ込めてしまおうとする。

   64 「宇宙に漂う惑星型宇宙船」 For the World is Hollow and I Have Touched the Sky

For the World is Hollow and I Have Touched the Sky | 宇宙暦:5476.3

マッコイは不治の病の末期状態にあった。しかしカークたちは惑星に衝突しようとしている小惑星へ調査に行かねばならない。ところが、それは小惑星ではなく宇宙船で、そこに乗っているヒューマノイドは自分たちの世界が人工物であることを認識していなかった。マッコイはその社会の美しいリーダーに引かれる。

   65 「キロナイドの魔力」 Plato's Stepchildren

Plato's Stepchildren | 宇宙暦:5784.2

救難信号を受けてある惑星に向かったエンタープライズは、驚異的な超能力を持つプラトン人に遭遇した。彼らは、仲間の病気を治したマッコイを帰すことを惜しみ、強制的に惑星に残らせよとする。しかしそれを拒んだために、クルーたちは、まるであやつり人形のようにプラトン人の娯楽道具にされてしまう。

   66 「宇宙の怪!怒りを食う」 Day of the Dove

Day of the Dove | 宇宙暦:Unknown

危うい休戦状態であるにもかかわらず、エンタープライズから攻撃されたと誤解したクリンゴン船の船長が、戦利品として船を明け渡すよう脅迫してきた。スポックはクリンゴン人を捕虜にしたが、そこには両者を戦わせていた第三者が存在していた。

   67 「無人惑星の謎」 That Which Survives

That Which Survives | 宇宙暦:Unknown

誕生から1万年にも満たない惑星に、居住可能な環境が整っていることに疑念を抱き、エンタープライズのクルーは惑星の調査を行った。しかしそこには、触れるだけで相手を殺したり、船を1000光年の彼方まで吹き飛ばしてしまう、脅威の力を持つ女がいた。

   68 「惑星セロンの対立」 Let That be Your Last Battlefield

Let That Be Your Last Battlefield | 宇宙暦:5730.2

エンタープライズはロカイという異星人を救助した。彼は顔の色が白と黒に分かれていた。すると、顔の色がロカイとは左右反対のベレが追ってきた。ベレはロカイを逃亡中の反逆者だと主張するが、その裏には悲劇的な人種差別があった。

   69 「宇宙の精神病院」 Whom Gods Destory

Whom Gods Destroy | 宇宙暦:5718.3

精神病を根絶できるという薬を届ける任務で、エンタープライズは危険な精神病患者を収容する特別な施設を訪れた。その施設を仕切っていたのは、宇宙を支配する妄想を抱いた可変種の入院患者で、カークとスポックはその男の策略を打ち砕くために奮闘する。

   70 「長寿惑星ギデオンの苦悩」 The Mark of Gideon

The Mark of Gideon | 宇宙暦:5423.4

カークは、理想的で紛争のない、しかし秘密主義の惑星ギデオンに降り立った。ところが、そこは極度な過密状態で、なぜかカークは9分間の記憶を失ってしまう。すべては、住人を大量に殺すことで増えすぎた人口を調節しようという愚かな計画だった。

   71 「消滅惑星ゼータの攻撃」 The Lights of Zetar

The Lights of Zetar | 宇宙暦:5725.3

小惑星メモリー・アルファには惑星連邦の歴史や科学知識の記録がすべて保管されていた。しかし強い光を放つ奇妙な嵐に襲われて、小惑星は全滅し、さらにはエンタープライズまでもがその嵐に襲われる。

   72 「惑星アーナダのジーナイト作戦」 The Cloudminders

The Cloud Minders | 宇宙暦:5818.4

惑星アーダナでは、原住民のトログライトがジーナイト鉱山で働き、支配階級のストラート市民に仕えていた。しかしマッコイが、トログライトとストラート市民は同じ種族だが、ジーナイトの影響でトログライトの知能が低下していることを発見すると、カークは階級制度を転覆しようと決意する。

   73 「自由の惑星エデンを求めて」 The Way to Eden

The Way to Eden | 宇宙暦:5832.3

エンタープライズは盗まれた宇宙船を追っていた。しかし船は爆発し、乗っていた人々はエンタープライズに収容された。彼らは宇宙の“ヒッピー”たちで、常軌を逸したセブリンに率いられていた。セブリンが伝染病の保菌者であったために隔離されると、メンバーたちは船内でトラブルを起こし始める。

   74 「6200才の恋」 Requiem for Methuselah

Requiem for Methuselah | 宇宙暦:5843.7

リゲル熱の解熱剤を探していたカークたちは、無人と思われていた惑星で地球人のフリントとレイナに出会う。フリントは解熱剤の提供を承諾したが、なぜかカークとレイナの関係に執着するようになる。

   75 「未確認惑星の岩石人間」 The Savage Curtain

The Savage Curtain | 宇宙暦:5906.4

見たところ無人の惑星を調査していたエンタープライズは、エイブラハム・リンカーンに出会って、カークとスポックが地上に招待される。そこに待っていたのは歴史上に名を残す人物たちであった。すべてはカークたちを戦わせようとする岩石状の生物の策略だった。

   76 「タイムマシンの危機」 All Our Yesterday

All Our Yesterdays | 宇宙暦:5943.7

超新星爆発が起きるため、カークたちはサプレイドンの住人を避難させようとするが、惑星はなぜか無人になっていた。だがそこへ一人の住人が現れ、他の者たちは皆タイムマシンで過去へ避難したという。その仕組みを理解しないうちにカークはゲートに入ってしまい、スポックとマッコイもそれに続いた。

   77 「惑星スカロスの高速人間」 Wink of an Eye

Wink of an Eye | 宇宙暦:5710.5

エンタープライズの上陸班は、スカロス星で無人の街に降り立った。しかし上陸班の一人が、その星の水を飲んだ途端、姿を消してしまう。カークもコーヒーを一口飲んだ途端に奇妙な現象を感じて、その場から消え去ってしまった。カークは、それが船の男性クルーを誘拐するための奇抜な策略であることを知る。

   78 「変身!カーク船長の危機」 Turnabout Intrufer

Turnabout Intruder | 宇宙暦:5928.5

ジャニス・レスターはセレビウム放射線を浴びて重傷を負った。彼女はカークを憎んでおり、それを知らないカークは、装置で肉体を入れ替えられてしまった。それによって双方の人格が入れ替わり、カークの人格はジャニスの肉体に閉じ込められ、一方カークの肉体を手にしたジャニスはカークを抹殺するチャンスを手にした。

   79 「カヌーソ・ノナの魔力」 A Private Little War (Series Finale)

A Private Little War | 宇宙暦:4211.4

原始的な惑星で、なぜか住人たちが火打ち石銃を作る技術を身につけていた。その惑星を調査していた際に負傷したカークは、連邦の武器を手に入れようと企む女に看病される。




   00「ケイジ」 未放送 パイロット版 - ORIGINAL PILOT - The Cage




▲top